英語コーチ!

「ビジネス英語コーチ!中尾匡宏の壁を破るマインドセット」へようこそ!プロフェッショナルとしてビジネス英語が必要なあなたへ。
2400人を超える「英語の迷子さん」を救ってきたビジネス英語コーチが、ビジネスで自信を持って英語を使うために本当に必要なマインドセットをお届けします。

Bayside English
法人ビジネス英語研修 http://englishlesson.jp/ 
個人短期集中ビジネス英語http://www.webcobo.com/
手と顔も。
0
    *コーチ!*
    海外では、手振り身振りも大事なコニュニケーション・ツールです。
    時には、意識して練習してみましょう。

    【Body Language 】     
    映画を使って練習する。 

    5mins Watch with subtitles
      5分間字幕を見ながら、言葉と手振り・身振りもチェック。

    5mins no subtitles  ⇒Listeningの練習にも。
      5分間字幕なしで、言葉と手振り・身振りをチェック。

    5mins no sound
      5分間音声なしで、言葉と手振り・身振りを真似る。

    5mins no visions
      5分間画像なしで、手振り・身振りを音声にあわせて自分なりに。


    *5分が長く感じる場合には、2分に短縮してください。
                    

    表情・手振り・身振りが上手になると
    自然と英語にも、自分なりにリズムが取れるようになってきます!

    あまり派手にやるのが苦手な方も、
    少しだけ、意識しながら慣れていきましょう。
    | 中級者 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    「見る」といっても
    0
      *-コーチ!*「見る」という単語一つとっても、ネイテゥブにとっては
      こんな感覚後外を表現しています。


      Differences:

      Look: 5-10mins 眺める感じ。
         = browse, have a look at in a store.
           「見る意思をもって、視線を向ける」時に使う。

      Watch: actionやmovingなど、
       「動くものを(じっくり)見る」時に使う。

      See: 〜が見える。目に入る。〜を(夢などで)見る。
       自然と目に入る感じのときに使う。
      | 中級者 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      曖昧さは禁物!
      0
        *コーチ!*表情や雰囲気で判断せず、しっかり言葉で伝えましょう。
        レッスンの時から、本番をイメージして
        また、本番はレッスンをイメージして。

           ----Tips-----
        講師の発言や記事の内容が曖昧な時、
        十分聞き取れない場合などには、必ずその事を
        口や態度で、明確に表すように心がけましょう。

        実際のビジネスの場面では、曖昧なまま流すと
        時間が経つに連れて、
        とんでもないことになることもあります。

        早め早めに、手を打ち、相手から出来るだけ正確な情報を
        手に入れるように心掛けて下さい。

        これらが、○○様の英語での回答の鋭さや相手への
        質の高い質問へ繋がっていきます。
             ------------

        ただし、レッスンは失敗するところです。
        ここで、恥をかいておいて、修正しておくことが最も大切です。
        積極的に、間違いましょう。

        そして、自信を持って「使える英語」を
                  しっかり身につけてください。
        | 中級者 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        ウィッキーさんの秘密
        0
          *コーチ!*

          20数年前の「ズームイン朝」で、会社に向うサラリーマンや
          学生に、英語で質問をしていた人物を知ってますか?

          そう、ウィッキーさんです。
          関連HPはこちら。

          ウィッキーさんは、あのころすでに日本語も
          非常にお上手でしたが、
          どうやって日本語を学んだかしってますか?

            ・
            ・
            ・

          なんと「サザエさん」なんです。


          なぜ、サザエさん?
          かというと

          1.日本の伝統文化も出てくる
          2.マンガだし、子供でも理解できる内容である
          3.標準的な日本語で話す
          4.女性も男性も出てくる

          だからだそうです。(確か..。)


          語学を学ぶ上で、これらは本当に大事ですよね。

          1.文化・・・これを知っておかないと言葉だけでは、ダメ。
          2.難易度・・楽しく、気楽に続けるためには、分かりやすい方が良い。

          3.アクセント・・変な訛りだらけでは、かっこわるいし、
          4.男女の言葉・・女言葉を男性が使っていたら変。vice versa


          皆さんも楽しく、正しい教材を使って、継続して下さいね。

          今は、ウィッキーさんばりに、いろんなマンガが
          英語で読めますから、好きなのがあったら、チャレンジしてみて!

          | 中級者 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          目標を達成した自分のイメージ
          0
            *コーチ!*
            今日は、中級レベル、TOEIC(700〜850)くらいの
            力をお持ちの生徒さんへのアドバイスです。

            あなたは、仕事でもカジュアルな場面でも、
            ある程度、英語で文章を書いたり、読んだり
            聴いたりできるお力を既にお持ちです。


            では、ココから先どうなりたいですか?
            英語を使って、さらに何をやりたいですか?

            あなたが憧れている人は、どれくらいの英語力をお持ちですか?
            どこまで英語が使えると、仕事でも十分役に立ちますか?

            今の英語力をさらに活かすため。
            より大きいチャンスを掴むため。

            これから更に大変ですが、今の自分がどうすれば、
            理想に近づけるのか、目標をはっきりさせることで
            明確な計画を立て、日々英語力を伸ばして行きましょう。

            1.できるだけ多く、英語がさらに上達する事で
            成れる自分像を、具体的に、細部まで書き出してみてください。




            2.いつまでにそれを達成したいですか?

            達成したい日付を、上で書いた理想・
            目標にそれぞれ書き込んでみてください。
            (できるだけ、現実的に・客観的に。)

            ただし、あまり高く・遠い理想像にすると、
            やる気がなくなりますので、気をつけて下さい。

            それらは、直感で「ここまでは出来そう」と
            感じるところにまで、小さく分解して、日付を入れましょう。


            3.そのためには、どうすればいいのか?

            その中から、自分が一番なりたい、達成したいイメージを
            1つ選んで、自分なりにじっくり考え、書き出して見ましょう。


            例)
            一日、どれくらいの時間を割けばいいのか。
            スピーキングの練習に重点を置くべきか。

            ネイティブとのやり取りが不可欠なのか。
            間違いをしっかり指摘してくれる講師がいいのか。
            自分の仕事の資料を使った授業を受けることが必要なのか。

            会議やプレゼンの練習を英語で、やり経験を積むのが先か。
            専門分野の語彙に慣れ、1日最低5ページは読みつづけるのか。


            もし、何をやればいいのか分からない人は
            自分が理想とする人に相談しても良いですし、
            英語を話せる同僚や上司、英語学校の日本人スタッフや先生に
            具体的なアドバイスをもらうのも良いでしょう。


            それらを、素直に聞き、真似するのも良し。
            自分なりにアレンジして、週2〜3で時間を割いて
            取組むのも良いでしょう。


            要は、自分がそれを続ければ、目標・理想像まで
            必ず到達できるという具体的なイメージをもてるようになることが大事です。


            目標達成したい日から、逆算して
            一日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年など
            計画を立てる。
            その計画どおりにやれば、達成できると心から思えるようになるまで
            具体的に落とし込みましょう。


            4.不安の下に書いてみましょう。

            もし、不安な要素があれば、全て書き出して
            その不安を1つ1つ、つぶすためには、どうすればいいか
            書き出します。
            (結構、解決できる問題ばかりですから。)

            友人や日本人スタッフ、コーチなど、第3者にお願いして
            一緒にやり、客観的な意見をもらいながら、修正するのも良いでしょう。


            5.違和感無く、理想の自分を思い浮かべることができますか?

            最後に、もう一度見直して
            自分がその目標を達成したイメージを、本当に違和感無く
            思い浮かべることができれば、50%は成功です。


            あと50%は、一日一日、その計画通りに”実行するのみ”です。


            定期的に、第三者に計画の進み具合をチェックしてもらうことも
            あらかじめ計画に入れておくと、さらに成功率がUPします。


            さあ、明日からやることと
            英語に磨きのかかった理想の自分をしっかりイメージできましたか?
            | 中級者 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            • 1/1PAGES