英語コーチ!

「ビジネス英語コーチ!中尾匡宏の壁を破るマインドセット」へようこそ!プロフェッショナルとしてビジネス英語が必要なあなたへ。
2400人を超える「英語の迷子さん」を救ってきたビジネス英語コーチが、ビジネスで自信を持って英語を使うために本当に必要なマインドセットをお届けします。

Bayside English
法人ビジネス英語研修 http://englishlesson.jp/ 
個人短期集中ビジネス英語http://www.webcobo.com/
〜ルールが分かってこそ〜
0
    JUGEMテーマ:ビジネス


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    平成25年8月18日(日)

     「英語コーチ!のビジネス英会話ワンポイント・レッスン」


                   英語コーチ!Bayside English


    メルマガでも学べます。
    購読のお申し込み登録・過去の記事・解除はこちらから
    http://www.mag2.com/m/0000251935.html
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    〜夏のビジネス英語スキル・アップキャンペーン実施〜
    http://www.webcobo.com/english/mstrial.html
    ビジネス英語 夏休み期間中の短期集中猛特訓レッスンを実施中です!

    海外出張、プレゼンテーション、交渉、
    業務報告、国際会議・学会のご準備、議事進行など
    http://www.webcobo.com/english/mstrial.html
    短期集中のビジネス英語スキルアップに!

    短期集中 ビジネス英会話:マンツーマン 
    http://www.baysideenglish.com/index.html
    法人ビジネス英会話講師派遣 http://englishlesson.jp/

    英語コーチ!:ビジネス英語学習のコンサルティングと、
    ビジネス英語習得のコーチングを(月2回5,000円〜)

    朝のビジネス英語勉強会(1回500円)は、毎週月/金7:00〜(横浜西口にて)
    毎週水曜日7:00〜は、市大医学部駅にて。
    http://www.webcobo.com/english/boshu/benkyo.html
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ビジネス英語が必要なすべての人達へ。

    英語の語学研修、ビジネス英語の講師派遣を行う
    ベイサイド・イングリッシュの英語コーチが、
    すぐに役立つ、ワンポイント・レッスンをお届けします。

    ■今日のお題■
    [〜ルールが分かってこそ〜]


    ◇久しぶりに、このメルマガのタイトル

    「英語コーチ!のビジネス英会話ワンポイント・レッスン」

    に沿った内容です(笑)


    今日の対象者は、ビジネス英語のレベルが

    1)初級から中級に、なかなか行けない人。

    2)万年中級者!?

    3)継続してやっているけれど、伸びを実感できない

    4)周りと比べると上級者。でも自分の実力を知っている方


    要は、文法ということです。
    (1〜4以外の人は、読み飛ばしてください:)

    --なぜ

    --何をどう学び

    --どう実践するか

     

    ◇野球も、サッカーもルールを知らなければ、

    見ていても、やってみても面白くありません。


    交通規則が分からなければ、

    街にはには出れないし、危険。


    しかも、見ているだけでは、ルールは分かりません。

     

    ◇英語の文法は、英語のルール。

    どう話すか。どう聴くか。どう書くか。


    ルールが分からなければ、面白くない。

    ビジネスでは危険すぎます。

    そして、上達しない。

     

    ◇「なんとなく知っている」では「なんとなくしか使えない」

    ==>結果、ブロークンな英語。カジュアルな英語に。


    1)英文法を知らないで文章や表現を繰り返し覚える。使う。


    2)英文法を知り、理由を知って、

      文章や表現を繰り返し覚える。繰り返し使う。

      
    どちらが、効果的か。

    記憶に残るか。

    上手く使えるでしょうか?


    ◇もっと重要なことは、

    3)耳から聞いただけ、本で読んだだけで、自分にあてはめて使える。

    ということです。

    つまり、英語学習を加速できるということ。

     

    ----以下は、生徒さんから文法書についての
          ご質問への回答から、一部抜粋したものです-----


    ◇文法についてお奨めの本

    ご質問のお奨めの本について、
    英文法の学び方と絡めて、ご紹介させていただきます。


    1)英文法の辞書

    ○○さまの場合には、私が一番のお奨めするのは、
    まず、英文法の辞書です。


    ともにOxford University Pressから出ている

     a)”A Practical English Grammar http://amzn.to/98yb0M ”

     b)”Practical English Usage”


    ネイティブの講師も使う文法の辞書・解説書です。
    英文法全般ではなく、分からない部分だけを調べる。

    使い方や語彙の定義を確認できます。
    両方あれば、最強です。

     

    2)自分の文法書を作る

    (レッスンを通して。可能なら、英文法の辞書を併用する)

    疑問に思われた「cannot」、「could not」、
    「was able to」の使い方の違いや

    「have to」と「should」のニュアンスや使用法の違い。

    これらは、定期的に疑問に思われることはないですか?


    ご自分の文法用のノートに、メモし、
    定義や使用例を書き加えていかれることもお奨めです。


     a)疑問の語彙、使用法、ニュアンスの違いをメモする。

     b)次のレッスンで、講師にチェック

     c)もしくは、時間があれば、ネイティブも使う辞書で確認し、

     d)さらに、講師に尋ねる。

     e)自分なりに使ってみる。自分なりの理解を確実にする。

     

    3)問題集・文法書(上級者用)

     上級者には、大変人気もあり、実力もある文法書・問題集です。
     参考にするか、実際に問題を解くか。

     ご自身にとっての学習スタイルに応じて、お使いいただけます。

     
     a) 『ロイヤル英文法─徹底例解』http://amzn.to/17QC9U7

      b)『表現のための実践ロイヤル英文法』http://amzn.to/1eNwWjN

      c)『基礎英文法問題精講 3訂版』http://amzn.to/17QBMcb


       a,bは、それぞれ練習問題集もございます。

      『ロイヤル英文法問題集』http://amzn.to/1cR3tJ9
      『表現のための実践ロイヤル英作文法 問題演習』http://amzn.to/19wrOUg


    ---------------------------------------------

    ◇時間を掛けず、効率的な学習法もあります。

    長くなるので、割愛します。

    もし、ご興味のある方は、お気軽に、ご一報ください。


    ---------------------------------------------------------------

    【編集後記】


    誤解を恐れずいえば、

    英語が出いない人は、まず文法を知らない。

    次に、語彙。

    そして、文法を使えるレベルにない。


    ---注意事項---

    慎重に学んだら、大胆に実践する。


    ビジネスの本番では、

     「文法の正しさより、話す内容が大事」

     「発音の正しさより、話すスタイルが重要」

     「間違いを恐れず、自信を持って話すこと」。


    文法は、あくまで準備。

    現場では、思い切って実践すること。


    ---------------------------------------------------------------

    ◇講師や英語コーチに、プロフェッショナルの意見を聞いてみたい人こちらへ↓

    体験レッスン(1時間のレッスン+30分のコンサルティング)
    http://www.webcobo.com/english/join/trial.html

    本当に使えるビジネス英語が必要な方へ。

    着実に、英語力を伸ばしたい方も。

    あなたの目指す人みたいになりたい方も。


    ---------------------------------------------------------------


    ◇「朝のビジネス英語勉強会(中級)7:00〜8:15」

    横浜駅(月/金)、市大医学部駅(水)で実施中です。


    お待ち致しておりまります。


    ご応募・詳細詳はこちらから、どうぞ。

       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

     朝のビジネス英語勉強会
    http://www.webcobo.com/english/boshu/benkyo.html


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    〜只今、夏休みのビジネス英語スキル・アップキャンペーン中〜
    ビジネス英会話 短期集中猛特訓レッスンを実施中です!


    メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」でも学べます。
    お申込み登録・解除はこちらから
    → http://www.mag2.com/m/0000251935.html


    ビジネス英語専門レッスン
    &英語学習のコンサルティング
    〜お忙しい方こそ、「正しく学び続ける」ことが重要となります〜
    あたり前ですが..

    英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ
    朝のビジネス英語勉強会(1回500円)は、毎週月/金7:00〜(横浜西口にて)
    毎週水7:00〜(市大医学部駅にて)
    http://www.webcobo.com/english/boshu/benkyo.html

    ベイサイド・イングリッシュ: http://www.baysideenglish.com/index.html
    法人ビジネス英会話講師派遣: http://englishlesson.jp/

    英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
    Bayside English: http://www.webcobo.com
    世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/
    Twitter @baysideenglish
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           【広告掲載のお問い合わせについて】
     
     詳細のお問い合わせにつきましては、
     タイトルに必ず【広告について詳細希望】と記して、下記アドレス
     までご連絡下さい。
     →→ info@baysideenglish.jp
           ※スパム防止のため、@は半角「@」に変更してお送り下さい。

     折り返し、原則として2営業日以内に、詳細情報をお送りさせて
     いただきます。
                                  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    メルマガ「英語コーチ!のビジネス英会話スクール」でも学べます。
    購読のお申込み登録・解除はこちらから
    http://www.mag2.com/m/0000251935.html


    ※広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
     等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
    Copyright (c) Baysdie English. All rights reserved. 

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    | 文法 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    if と英語のニュアンス
    0
      〜セカンドライフで、無料レッスン実施中!〜
      *英語コーチ!*


      初級・中級、そして上級者でも
      なかなかうまく使いこなせないのが、if

      逆にこのifをうまく使うことができると、
      スピーキングでも、ライティングでも表現が豊かになります。

      また、英検などでは、実力を示すためには不可欠な表現でしょう。


      今日は、最も簡単な2つのifを紹介します。

      あなたは、以下の違いが説明できますか?

      ↓↓↓↓↓↓


      1.If you study hard, you will do well in TOEIC.

      2.You would do well in TOEIC if you studied hard.






      【解説】
      1も2も、「〜すれば、〜でしょう。」という文です。

      が、

      2では、Youが今勉強していなくて、
       1に比べてTOEICで、いい点を取る可能性が低いときに使います。

       また、1より2のほうが、相手にとってすこしpoliteではありません


      多少、1と2の違いを出すとすれば、


      1の訳:がんばって勉強すれば、TOEICでいい点がとれます。

      2の訳:がんばって勉強すれば、TOEICでいい点が取れるのに。
          (やらないから、だめなんだよ。)


      といった感じでしょうか。


      こんな細かなニュアンスをしっかり掴んで、
      自分でも自由に使いこなせるようなると、
      「英語を上手に話している」という満足感も高まりますよ。

      -----------------------------------------------
      〜只今、秋の特別レッスン予約受付中!〜
              &
      〜セカンドライフで、無料レッスン実施中!〜
      (Japan Animeの弊社オフィス内)

      ビジネス英語専門レッスン
      &英語学習のコンサルティング

      英語力UPの最後の砦!ベイサイド・イングリッシュ


      英語コーチ!: http://tips.0909english.com/
      Bayside English: http://www.baysideenglish.com
      世界の経営理念: http://www.webcobo.com/vision/

      | 文法 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      比較を使って、レポートを論理的に
      0
        *英語コーチ!*

        今年と来年など、数字を「比較」することで、
        プレゼンや報告が、論理的で、ぐっと聞き手に伝わりやすくなります。

        比較の表現は、シンプルな例を1つ覚えたら、
        自分の言いたい内容(主語と形容詞)を入れ替えていくだけです。


        e.g.

          
        Growth(主語) is as slow(形容詞) as it was last year.

        Growth is slower than last year.

        Growth is the slowest it's ever been.




        慣れてきたら、副詞を加えて、
        比較を強めたり、弱めたりして「微妙な感じ」
        まで出せるようになると、あなたも上級者です。

        「比較と仮定法」は、上級者へのMustですね!

        -----ちょっといいお知らせ-----------------------

        日本チョークアート協会主催の
        ”チョークアート サイン&アート展”を
        赤レンガ倉庫に見に行ってきました。

        イギリスで、とてもお世話になったPubの看板が懐かしくて
        ついつい入ったのですが、ここでは、看板以外にも、
        美味しそうなメニューボード、ハロウィン、家紋?
        コーヒー豆のラベル、寿司!etc.

        いろんな作品がたくさんあって、
        とても面白いんです。いい感じでしたよ。

        海外で見た方やアート好きな人、新しもの好きな人、
        楽しいもの好きの人には、ぴったりかも。

        10月15日(月)〜20:30
          16日(火)11:00〜17:00
         までやってますので、

        ぜひ、どうぞ。
        お奨めです。「無料」だし!

        -----------------------------------------------
        〜只今、秋の特別レッスン予約受付中!〜

        ビジネス英語専門レッスン
        &英語学習のコンサルティング

        英語力UPの最後の砦!ベイサイド・イングリッシュ


        | 文法 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        快感!実践で文法もこんなに..。
        0
          *コーチ!*文法についてのご相談に、回答したメールより抜粋です。

          前回------------------------------

          文法書について、いくつかお奨めのワークブックをお知らせいたします。

          ・中級〜上級者用で、基礎と応用があり、解説もばっちりなもの。
          ・問題を実際に解いていくので、
               読んで理解する以上のものを試せるもの。

          以上の基準で、選んでみました。
          --------省略--
          ------

          今回-------------------------------

          ご推薦させて頂いたものの中で
          ○○様のご希望に合う文法書は、ございましたか?

          次は、達成感や充実感、さらには優越感(?)を感じられる
          「文法の実践法」について、書かせていただきます。


          もしレッスンの予習時間がございましたら、
          ぜ〜ひ、お試し下さい!


          ヾに学習された構文や文法の中から、1つ、もしくは2つ
          自分のスピーキングに活かせそうなものを選ぶ。

          ∀辰靴瞭睛討鮃佑┐董△修諒庫/構文をあてはめてみる。

          書き出して、構文以外に必要な単語や表現も
          使って、より具体的な文にする。

          感情をこめて、自然に話せるようになるまで 
           繰り返し音読する。
           *英語を意識せずに、口から勝手に出てくるまで。

          ゥ譽奪好鹵罅講師との会話で、あたかもその場で
          思いついて話しているように。

           また自信をもって、抑揚やアクセント
          にも気を配りながら、かっこよく達成感に浸る。 

          成功したら、次回もチャレンジ!
           今回もしあまりうまくいかなくても、次はもっと上手にできます。


          文法や構文も頭で覚えたら、次は身体が覚えるまで。

          実践することで、達成感や楽しさをしっかり感じて、
          次へのエネルギーにしてください!


          それでは、素晴らしいGWをお過ごし下さい。
          | 文法 | 13:33 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          文法の使い方
          0
            さて今回は、スピーキングの「正確さ+流暢さ更にUP」
            のすごい助けになる文法について少し書いてみます。

            特に、長い文を話したい時や、簡単な単語を使って
            詳しく説明したい時に特に有効です。

            もし参考にして頂けるものがありましたら
            レッスンでもお試し頂ければ嬉しい限りです。

            ------
            い:自分の得意な文法を2〜3コ身につけること。

            ろ:その文法を、質問する時も、答える時にも、
              できるだけ利用すること。

            は:その文法のリズムを体で、一度つかめば
              後は、いつでも自然と使えるようになります!
            ------


            [磴┐弌気持ちを伝えるには、形容詞が初めに来る文を使う。

            It is difficult for me to keep a diary.
            (It is 形容詞 for 人(主語) to 動詞。)を使う。


            主語を詳しく説明する文は、主語や目的語に
            「不定詞」や「that節」を付け足す。

             名詞+不定詞(to do)を使う。
             名詞+that節 (that+主語+動詞)


             Her ability to speak English is wonderful.
            (名詞 + to 不定詞)

            The dog that I have loves a frog.
            (名詞+ that+主語+動詞)


            目的語を詳しく説明する文は、
              名詞+関係代名詞 (which/what/how+(主語)+動詞)を使う。

            Please recommend a book which is short and interesting.
            (名詞+ which +動詞) 

            This is the book which I bought yesterday.
                   (名詞+ which +主語 +動詞) 

             
            *コーチ!*
              ただし、このままでは全く楽しくないし、使えないので
            ご自分で笑えた話や、かなり伝えたいこと等にどんどん置き換えて下さい。

            上記のパターンで、単語を入れ替えても、すらすら言えるよう
            なれば、ぐっといい感じになると思います。

            他にも、いろんな”流暢さと正確さをUP”してくれる文法は
            たくさんあります。


            もし、お時間があれば、ぜひ。

            (というか、絶対!)
            | 文法 | 11:25 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            • 1/1PAGES